2024 年 2月 23日 (金)
ホームライフスタイルビューティー中国での業績不振が反映…アモーレパシフィック赤字転落

中国での業績不振が反映…アモーレパシフィック赤字転落

©MONEYTODAY

「Kビューティーの代表走者」といわれる韓国の化粧品大手「アモーレパシフィック(AMOREPACIFIC)」が再び赤字転換し、株価が大きく下落した。中国が第2四半期に新型コロナウイルス感染の防疫対策を強化し、4~5月に主要都市を封鎖したことで直撃弾を受けた形だ。

韓国総合株価指数(KOSPI)市場で28日、同社は前日より1万4000ウォン(9.89%)下落した12万7500ウォンで取引を終えた。1年前に比べて46.4%も急落した株価で、52週間の新安値(12万4500ウォン)に近づいた。アモーレパシフィックグループも6.94%下落した3万6900ウォンで取引を終えた。

グループはこの日、第2四半期の売り上げが前年同期比で21.3%減った1兆264億ウォン、営業損失は109億ウォンの赤字だったと発表した。アモーレパシフィックも売り上げが19.6%減少した9457億ウォン、営業損失195億ウォンを記録した。1年6カ月ぶりに再び赤字転換した数値だ。

アナリストは、中国封鎖の影響は株価に既に織り込み済みと分析しているが、公開された実績は期待値を大幅に下回った。

突然の業績激減に機関投資家と外国投資家は同時に投げ売りした。当初、アモーレパシフィックの第2四半期の売上高の展望値は1兆194億ウォン、営業利益展望値は489億ウォンだった。営業利益が50%近く減るものと予想されたが、赤字は予想できなかった。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular