2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治与党倫理委、李俊錫「党員権停止1年」追加懲戒…「党有害行為・民心離れ」

与党倫理委、李俊錫「党員権停止1年」追加懲戒…「党有害行為・民心離れ」

6日、国会で開かれた中央党倫理委員会全体会議で意見を述べる与党「国民の力」イ・ヤンヒ党倫理委員長©NEWSIS

韓国与党「国民の力」中央倫理委員会が7日、「羊頭狗肉」「新軍部」などと発言したイ・ジュンソク(李俊錫)前代表に対し、「党員権停止1年」という追加の懲戒を決めた。党の研鑽会で飲酒し、懲戒手続きが開始されたクォン・ソンドン(権性東)元院内代表は厳重注意の措置とした。

国民の力倫理委員会は6日、国会本館で第9次会議を開き、5時間にわたる懲戒審議の末にイ・ジュンソク氏に対する「党員権停止1年」を追加で議決した。5日午後7時から始まった倫理委は約5時間が過ぎ、7日午前0時13分ごろに終了した。

イ・ヤンヒ倫理委員長は同日未明、会議を終えて「イ前代表に対して7月8日に決定された『党員権停止6カ月』に追加して『党員権停止1年』を議決した」と明らかにした。

イ・ヤンヒ氏はイ・ジュンソク氏について、「党に害を与えるような行為をし、党員として守らなければならない党憲党規などに違反して党発展に支障を来たした。また、民心を離脱させたと判断し、倫理委員会規定第20条第1号ないし第3号、倫理規則第3条および第4条に違反したと決定する」と懲戒理由を明らかにした。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular