2024 年 5月 27日 (月)
ホームライフスタイルロッテマートトイザらス、「サンリオマーケット」キダルト族に人気

ロッテマートトイザらス、「サンリオマーケット」キダルト族に人気

ロッテマートトイザらス売り場で運営しているサンリオマーケット(ロッテショッピング提供)©news1

韓国の大型スーパー「ロッテマート」のトイザらスで、サンリオキャラクターを販売したところ、MZ世代の人気を集めるようになった。

ロッテマートは、清涼里店と金浦空港店トイザらス売り場でサンリオマーケットを運営しており、ここで玩具、文具、デジタルアクセサリー、インテリア小物などのキャラクター商品を販売するとしている。

ロッテマートによると、トイザらス清涼里店はサンリオマーケットをオープンした後、1月から9月中旬までの売り上げが前年同期比40%上昇した。トイザらス金浦空港店は7月から9月中旬まで売り上げが前年同期に比べ70%上がった。

清涼里店はフォトゾーンや限定アートワークを利用したフォト自販機などを備えて差別化した。フォトカードキーホルダーなどの単独商品はオープン1カ月で4500個が完売した。

金浦空港店は顧客需要が高い縫製玩具、ポーチ、エコバッグなどの商品品揃えを補強するなど、100個以上の品目を拡大した。単独商品もこれまでの5種から20種余りに増えた。

ロッテマートカルチャーコンテンツ部門長のキム・ボギョン氏は「キャラクター知的財産権(IP)産業の成長に歩調を合わせ、キダルト族(キッドとアダルトの合成語。幼年時代を懐かしむ成人)に根強い人気を得ているサンリオマーケットを誘致することになった」と伝えた。

ロッテマートは今年下半期、蚕室ゼタフレックス店トイザらスにサンリオマーケット3号店をオープンする予定だ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular