2024 年 7月 19日 (金)
ホーム経済ロシアとウクライナで需要爆発、ビットコイン11%暴騰

ロシアとウクライナで需要爆発、ビットコイン11%暴騰

©news1

米国や欧州連合(EU)が「国際銀行間通信協会(SWIFT)」からロシアを排除する制裁を加えたことを受け、ロシア人やウクライナ人らがビットコインを大量に買い入れたことを受け、ビットコインが11%以上高騰した。

ビットコインは1日午前6時30分現在、グローバルコイン市況中継サイト「コインマーケットキャップ」で、24時間前より11.17%暴騰した4万1578ドルを記録している。ビットコインが4万1000ドルを突破したのは、先月18日以降初めて。

同日、ビットコインは最高4万1823ドル、最低3万7465ドルの間で取引された。

ビットコイン暴騰は、西側の対ロシア制裁で、ロシア人が大挙してビットコインなど暗号通貨(仮想通貨)を買い入れ、ロシアによる侵攻によって金融システムが麻痺したウクライナ人も仮想通貨を買い集めているためと分析される。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular