2024 年 7月 13日 (土)
ホーム経済ロシア、早ければ16日にもデフォルト

ロシア、早ければ16日にもデフォルト

ロシアのシルアノフ財務相©AP/NEWSIS

ロシアが16日にもドル建て債権に対する債務不履行(デフォルト)を強行する可能性が高まっている。今回のデフォルト後、どのような連鎖が起きるのか、多くの関心が集まっている。

米CNNによると、ロシアのシルアノフ財務相は14日、ウクライナ侵攻後、西側諸国の制裁を受け、ロシアの外貨準備高の半分である約3150億ドルが凍結されたと明らかにした。

シルアノフ財務相は西側諸国が経済制裁という手段を動員し、組織的にデフォルトを誘導しているとし、「人為的デフォルト」と強調した。また、16日にドル建てロシア国債は2本で計1億1700万ドルの利子の支払日を迎える。シルアノフ財務相はルーブルで返済するとも述べた。

さらに、21日には約6600万ドル、28日に約1億ドル、31日に約4億5000万ドル、来月4日に21億3000万ドルを支払わなければならないという状況が、デフォルトに陥る可能性を指摘する根拠として提示されている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular