2024 年 7月 25日 (木)
ホーム経済IT/メタバースモバイル生放送で顧客つかめ…ファッション・ビューティープラットフォーム総力

モバイル生放送で顧客つかめ…ファッション・ビューティープラットフォーム総力

CJオリーブヤング©MONEYTODAY

ファッションビューティーのバーティカル・プラットフォームが独自のライブコマースに力を入れている。商品のサイズ、肌触りなどを詳細に伝え、オンライン購入を促進するためだ。プラットフォームに入店した中小型ブランドの立場でも製品を知らせることができる主要な窓口になる。

統計庁とKTB投資証券によると、韓国のライブコマース市場規模は昨年1兆6000億ウォンを記録した。まだ、全体の電子商取引市場に比べて微々たる水準だが、2025年までに29兆8000億ウォンまで成長するという見通しがある。そうなれば、電子商取引市場内での浸透率は10.9%まで高まることになる。

ファッションビューティー・バーティカル・プラットフォームも成長の一助となっている。大型ホームショッピングや総合オンラインモールに比べれば、平均視聴者数は多くないが、バーティカル・プラットフォームの特性上、関連商品に関心のある消費者を高密度で集め、潜在的な購買者を育てるのに効果的だと評価されている。

ファッションビューティー・バーティカル・プラットフォームの放送時間は、主に退勤途中の平日午後7~8時だ。CJオリーブヤングは独自のモバイル生放送である「オールヤングライブ」を月~金曜日の毎日午後8時に放送する。従来は週3回で進められたが、今月からコンテンツを拡大し、週5回へと編成を増やした。オリーブヤング関係者は「先月2~8日に『オールヤングセール』期間中に累積16万人の放送視聴者が集まった。連日、ライブ放送に接続した視聴者数は4000人余りを記録した」と伝えた。

Wコンセプトも、昨年は独自のアプリでライブコマースを月に2回開催していたのを、今年は週1回(水曜午後8時)に拡大した。最近はライブコマースの需要が増え、火曜日や金曜日に追加編成にも乗り出している。先月21日には婦人服デザイナーブランドの「VOCAVACA」を、24日には人気デザイナーブランドのカバン展を開催した。Wコンセプトはまた、Instagramを通じて新進ブランドを中心に「ブランドサダム」というライブコマースを開催する。ブランドを開発したデザイナーが出演し、開発背景、過程などを説明しながら認知度を高め、チャットを通じて消費者の声を聞く。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular