2024 年 5月 23日 (木)
ホーム経済IT/メタバースメタバース、もう飽きてしまったのか…主要ポータルの検索量が下落

メタバース、もう飽きてしまったのか…主要ポータルの検索量が下落

今月4日現在「メタバース」キーワードGoogleトレンド結果(Googleトレンドキャプチャー)©news1

非対面社会の核心産業に浮上したメタバースに対する利用者の関心が冷めているのだろうか。韓国でGoogle、ネイバー、ダウムなど主要ポータルサイトで「メタバース」の検索量が減っている。

Google検索への関心度を示すGoogleトレンドによると、この1年間の国内の「メタバース」検索量の最高点は昨年11月中旬で、今月4日はその半分だった。

ネイバー検索ワードのトレンドも同様に、同期間「メタバース」の検索量が最も多かった昨年11月11日の関心度を100点とした場合、今月は15点程度にとどまっている。国内2位のポータルであるダウムでも結果は同様だ。

専門家はこうした利用者の関心度下落の原因を「メタバースに対する失望感」と指摘する。

嘉泉(カチョン)大学のチョン・ソンミン経営学部教授は「メタバースが関心を集め始め、人々の期待感は高まったが、まだ技術水準が低いメタバースを経験してみて、失望したのだろう」と分析した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular