2024 年 7月 13日 (土)
ホーム政治・社会・経済“マスク”衛星と衝突の恐れ、中国が航路変更

“マスク”衛星と衝突の恐れ、中国が航路変更

イーロン・マスク氏©news1

米電気自動車(EV)大手テスラ経営のイーロン・マスク氏が設立の宇宙開発スタートアップ「スペースX」の人工衛星との衝突を避けるため、中国が宇宙ステーション「天宮」の航路を変更したことが明らかになり、イーロン・マスク氏に対する中国ネットユーザーの非難が強まっている。

AFP通信は27日、天宮が今年7月と10月に2回、スペースX「スターリンク」衛星に接近したため、衝突を避けるため航路を変更したと報じた。

中国当局は10月の衛星について「当時(スペースXの衛星の)移動計画がわからず、軌道誤差を見極めるのが難しかった」「宇宙飛行士の安全と生命を保護するための措置だった」と説明した。

これに対し、中国のSNS上にはマスク氏や「スペースX」を批判する声が殺到しており、これに関するハッシュタグは8700万件のクリックを記録した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular