2024 年 5月 23日 (木)
ホーム政治・社会・経済ポケモンパン…販売店拡大でも品薄状態

ポケモンパン…販売店拡大でも品薄状態

4月25日、ソウルのある大型量販店でポケモンパンを購入する客©news1

ポケモンパンの品薄状態を解消しようと、韓国のスーパー各社が入荷量を小幅に増やし、販売店舗を拡大している。購入できる場所はやや増えたものの、入荷数の大幅増には至らず、品薄はなおも続くとみられる。

流通業界関係者によると、ホームプラスは16店舗だけで販売していたポケモンパンを最近全国の店舗に拡大した。取扱量が大幅に増えるわけではなく、ホームプラス関係者は「ポケモンパンを購入するためにスーパーマーケットを転々とする顧客のために販売店舗を拡大した。量は依然として少なく品薄現象は続くだろう」と見越している。

イーマートも先月29日から全国の売り場でポケモンパンを販売している。同社関係者は「人気製品の顧客利便性を高めるために販売店舗を増やすことにした。より多くの消費者に購買機会を提供するために、1人3個に限定販売する」と説明している。ただ、店舗ごとに1人当たりの購買数は調整できる。

ロッテマートはポケモンパンの入荷初期から50余りの店舗で販売してきた。イーマートと同様、1人3個ずつ購入できる。今後もこれらの店舗で販売を続ける方針。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular