2024 年 5月 22日 (水)
ホーム社会“ポケモンパン人質”に続き、ホテル宿泊と「抱き合わせ販売」

“ポケモンパン人質”に続き、ホテル宿泊と「抱き合わせ販売」

16年ぶりに再発売した「ポケモンパン」が旋風を巻き起こし、品切れが続いている©news1

韓国でポケモンパンブームが長期化し、品薄現象を利用したマーケティングが続いている。「抱き合わせ販売」に続き、今回はホテル宿泊イベントも登場した。

業界関係者によると、ソウルガーデンホテルは最近「江陵(カンヌン)パッケージシーズン2」を発表した。江陵パッケージはスーペリアダブル・ツインルーム宿泊券に朝食2人食事券、江陵コーヒー2個、ポケモンパン2個を贈呈するイベントだ。さらに、5チームにはセントジョンズホテルとスカイベイ京浦(キョンポ)ホテルの宿泊券が自動的に応募される。

江陵パッケージを利用する顧客は、いずれもポケモンパン7種類のうち2種類をランダムで受け取ることができる。このようなマーケティングは2014年ヘテ製菓のハニーバターチップが大きな人気を博した時にも見られた。当時、一部のホテルは宿泊券とハニーバターチップをセットした商品を出したりもした。

また、他の製品とまとめて販売する“ポケモンパン人質”の状況も起きている。ポケモンパンとマカロニ菓子をまとめて売る「抱き合わせ販売」の商法で、ポケモンパンの人気を利用して「押し売りまがいの商売」をしているのだ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular