2024 年 4月 14日 (日)
ホーム新着ポケモンパンの次は「ポケモン餅」発売…コメ消費拡大促進を期待

ポケモンパンの次は「ポケモン餅」発売…コメ消費拡大促進を期待

©news1

韓国の総合食品企業SPCグループが「ポケットモンスター」シリーズ製品ポートフォリオを拡大する。今回はポケモンのキャラクターを餅製品に適用した。一部では韓国産米の消費拡大と生産農家の所得増加に一定の役割を果たすものと期待されている。

SPCグループの餅フランチャイズ「ピジュン」はポケットモンスターのキャラクターを使用した餅製品を発売する。

商品は▽ピカピカ・ピカチュウ・ソルギ▽イチゴ・パンパン・プリン・ソルギ▽チョコチョコ・ゼニガメ・ソルギ▽チョコチョクチョク・カビゴン・ソルギ――など4種だ。8月10日までオンライン事前予約を進めている。同月16日から製品を受け取ることができ、オフライン店舗でも販売を開始する。

製品はそれぞれのポケモンキャラクターを型取っており、キャラクター別専用ケースに入っている。ポケモンパンの人気を集めた「ティブシール」は餅製品には含まれていない。

©news1

SPCグループはポケモンパンの人気に加え、系列会社の特徴に合わせた製品発売に拍車をかけている。「SPCサムリプ」はポケモンパンの新製品を発売し、「ティブシール」に116種を追加してポケモンブームを長続きさせている。

「ダンキン(DUNKIN)」はポケモンキャラクターを使ったドーナツの発売はもちろん、フィギュア、バケット、ネームタグなど、多様なグッズを発売している。「バスキンロビンス(Baskin Robbins)」もポケモンアイスクリームを披露すると同時に、ポケモンのテーマを適用した6階建てのコンセプト売り場も運営している。

ポケモンの人気に「SPCサムリプ」は第2四半期をはじめ、下半期にも実績の好調が予想される。金融情報会社「FnGuide」によると、「SPCサムリプ」の連結で、今年の売り上げが前年比11%増の3兆2723億ウォンを記録するものとみられる。営業利益も前年同期比22.5%増の811億ウォンと推定される。

100%国産米で作られたポケモン餅の発売は、国内米の消費促進にも肯定的な影響を及ぼすものと期待されている。最近、西欧化された食文化などによって米の消費が減少し、農家は米価格の下落、在庫増加などで困難に直面しているからだ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular