2024 年 6月 15日 (土)
ホーム政治ホームショッピングも放送だ

ホームショッピングも放送だ [韓国記者コラム]

(c)MONEYTODAY

今はインターネットで実物を見ずに注文するのが当たり前となった。ただ、20年余り前までそうではなかった。1995年に初めて放送された「ホームショッピング」は、韓国初の非対面販売だった。

「カッコウ時計」は最初にホームショッピングで売れた商品だ。「各家で鳴った」とも言われたほどだ。この他にも、スチーム掃除機、ハンドミキサー、ジューサーなど数多くの「ママたちの流行アイテム」を、ホームショッピングは輩出させた。

ホームショッピングがこのように急成長した背景には、司会者の存在がある。新たな商品を消費者に売るためには、話術はもちろん、消費者のニーズをよく把握しなければならない。テレビショッピングは先を争って司会者の育成に乗り出し、億ウォン台の年俸を誇るスター司会者も多数誕生した。

にもかかわらず、司会者は商品を宣伝するだけ。放送内容や販売責任は司会者ではなくホームショッピングにある。

司会者で「通販クイーン」として知られるチョン・ユンジョン氏が1月の生放送中に悪口を言ったが、放送通信審議委員会から直接的な制裁を受けなかったのは、こうした理由からだ。チョン氏に対する処分は業界に委ねられた。

ここに波紋を投げかけたのがNSホームショッピングだ。NSホームショッピングは、チョン氏がゲストとして出演する化粧品販売放送を編成しながらも、放送前日に取りやめることになった。チョン氏が副社長を務めている化粧品会社「ネイチャー&ネイチャー」の販売放送だ。

当初、NSホームショッピングは「ネイチャー&ネイチャーの決定には干渉できない」という立場を固守していたが、今月20日に放送通信審議委員会のリュ・ヒリム委員長が「消費者がどのように考えるか憂慮される」という意見を伝えると、ようやく放送をキャンセルした。

他のホームショッピングはネイチャー&ネイチャーの商品を販売しているが、チョン氏の出演を禁止している。現代ホームショッピングはチョン氏を放送から永久追放し、ロッテホームショッピングも先月、ネイチャー&ネイチャーの別の化粧品「ザ・マーキュール」の販売を放送したが、チョン氏は出演しなかった。

「チョン氏の出演は化粧品会社の決定だ」とのNSホームショッピングの言い訳が力を失う。

ホームショッピングは物を販売する企業であると同時に、数百万人を相手に放送するという点で、社会的責任がある。チョン氏はなぜ個人のインターネット放送ではなく、ホームショッピングに復帰したかったのだろうか。司会者も結局、「放送」を通じてこそ消費者の目を集めることができるためだ。放送の力と責任を忘れるということが繰り返されないよう願う。【MONEYTODAY記者 チョン・インジ】

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular