2024 年 3月 4日 (月)
ホーム政治ホットなNFTなどの仮想資産議論はどの部署で?

ホットなNFTなどの仮想資産議論はどの部署で?

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)次期大統領©news1

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)次期大統領の政権引き継ぎ委員会がメンバー構成を終えて本格的に稼動する中、新産業として脚光を浴びているNFTなど仮想資産産業はどこで議論するかに関心が集まっている。

引き継ぎ委によると、NFTをはじめ仮想資産は経済第2分科と科学技術教育分科で取り扱う見通しだ。

引き継ぎ委の関係者は「デジタル資産法関連は経済第2分科で議論し、ブロックチェーンなど技術的な部分は科学技術教育分科で議論される」と明らかにした。これは仮想資産を従来の金融の観点からではなく、「新産業」という観点で見るという意味のようだ。

ユン氏は候補時代の1月、記者会見で「利用者保護に焦点を当てたデジタル資産基本法を制定する」「多様な形態のデジタル資産の登場に備え、技術開発を支援してネガティブ規制システム(法律や政策で禁止されているものでなければ、すべて許容する)に転換する」と明らかにしている。

デジタル資産基本法などを議論する経済第2分科は、韓国科学技術院(KAIST)のイ・チャンヤン(李昌陽)教授や、同徳(トンドク)女子大のワン・ユンジョン(王允鍾)教授、ユ・ウンファン(柳雄桓)元SK革新グループ長、「TIDE INSTITUTE」のコ・サン代表が引き継ぎ委員だ。

ブロックチェーンなど技術的な部分は、ブロックチェーン育成機関である科学技術情報通信部第2次官室を担当する科学技術教育分科で扱う。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular