2024 年 5月 24日 (金)
ホーム経済IT/メタバースプロバスケットボール・バレーボールNFTチケット販売議論

プロバスケットボール・バレーボールNFTチケット販売議論

©MONEYTODAY

韓国のスポーテインメント(スポーツ+エンターテインメント)専門スタートアップ「Sportrax」が2022~2023シーズンプロバスケットボールとプロバレーボール(Vリーグ)開幕を迎え、NFTの入場券販売を推進する。

韓国プロバスケットボール連盟(KBL)、韓国バレーボール連盟(KOVO)、各連盟所属球団とNFT技術を活用した入場券(チケット)の販売について話し合っている。

NFTチケットはブロックチェーン技術を通じてデジタルイメージに所有権、販売履歴などの情報を固有値を付与し、偽造・変造が不可能だ。既存の紙、モバイルチケットはキャプチャーおよび偽造時に識別が不可能だったが、NFT技術適用チケットは実際の所有者が誰なのか追跡できる。また、虚偽の売り物や闇チケット取引を防ぐことができる長所がある。先立って釜山国際映画祭、ジャラサムジャズフェスティバルなどでNFT入場券を販売した。

韓国スポーツNFTはチケットより、選手の肖像権を利用した市場が大きかった。国内では米国プロバスケットボール(NBA)の競技名場面や選手のイメージをNFT発行した「NBAトップショット」のような事業モデルを前面に出し、これら企業はNFTを購入すれば入場券を景品として与えたりもした。

スポートラックスは、新型コロナウイルス感染パンデミックで無観衆競技、シーズン早期終了を経験したスポーツ市場にNFTで活力を吹き込むことができると見ている。NFTを選手とファンが疎通する道具として活用し、スポーツ応援文化を変えるという計画だ。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular