2024 年 2月 21日 (水)
ホーム経済ファーウェイ、昨年のR&D投資額27兆ウォン

ファーウェイ、昨年のR&D投資額27兆ウォン

ファーウェイ年次報告会(韓国ファーウェイ提供)©news1

中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が昨年、売上の22%に達する約27兆ウォンを研究開発(R&D)に投資したのに続き、今年も技術革新に力を入れると明らかにした。

韓国ファーウェイは29日午後、ソウル市中区(チュング)のホテルで年次報告会を開き、2021年の主要業績や今後の計画を発表した。

昨年の売上は前年比28.9%減の6369億元だった。一方、純利益は75.9%増の1137億元だった。負債比率も1年間62.3%から57.8%と4.5ポイント減少した。米国の制裁やアナー(Honor)スマートフォンの売却で売上が大幅に減ったものの、主要事業の収益性改善によって、安定的な基調を維持したものと見られる。

ファーウェイ・グローバル対外協力・コミュニケーションのカール社長は同日、「通信社事業は非常に安定して運営されており、グローバル顧客とパートナーとともに3000カ所余りで5Gを適用する商用契約を締結した。エンタープライズ事業も交通、金融など11のシナリオのソリューションを発表した」と明らかにした。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular