2024 年 7月 25日 (木)
ホームライフスタイルファッションパリに「ソウルファッションウィーク専用館」…世界中のバイヤーとの出会い

パリに「ソウルファッションウィーク専用館」…世界中のバイヤーとの出会い

パリファッションウィークのソウルコレクション(ソウル市提供)©news1

ソウル市は、ファッションの本場パリファッションウィーク期間(2月28日~3月8日)中に、「トラノイ(TRANOI)」トレードショーでソウルファッションウィーク専用館を運営したと発表した。

計9つの韓国デザイナーブランドが参加し、世界中のバイヤーと受注商談を進めた。

トラノイは、パリのファッションウィークの主管社であるフランスファッション連合会と独占パートナーシップを結んだ公式トレードショーで、 年に4回開かれる。

ソウル市は6日、世界的なブランドファッションショーの場として知られるブロンニャール宮殿で「Kーコレクションファッションショー」を開催した。

この日のファッションショーにはパリのファッションウィークを代表するパリファッション協会長パスカル・モランド氏が出席し、インク(EENK)、ライ(LIE)、ブンダーカンマー(WNDERKAMMER)、ドゥキャン(DOUCAN)のグローバルデザイナーブランドとしての成長可能性を高く評価した。

ソウルファッションウィークは、昨年のロンドンに続き、今年はパリ進出に成功した。ソウル市は4大ファッションウィークに数えられる「パリ・ニューヨーク・ミラノ・ロンドン」への国内デザイナーの進出を支援する計画だ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular