2024 年 5月 27日 (月)
ホームエンターテインメントパク・ユチョン、スクリーン復帰が不発

パク・ユチョン、スクリーン復帰が不発

©STARNEWS

薬物使用容疑で逮捕され、有罪判決を受けた歌手・俳優パク・ユチョンが復帰をかけた映画「悪に捧げて」の劇場公開が取り消されたことが19日、わかった。

製作関係者は「来週中にIPTV、VODなどを通じて映画を公開する」と明らかにした。パク・ユチョンは2017年の映画「ルシッドドリーム/明晰夢」以来のスクリーンカムバックを狙っていた。

パク・ユチョンは2019年に薬物使用容疑で逮捕・起訴され、懲役10カ月(執行猶予2年)の有罪判決を受けた。パク・ユチョンは当時、芸能界引退を宣言したものの、海外での活動を通じて芸能界復帰を試みていた。

©STARNEWS

RELATED ARTICLES

Most Popular