2024 年 6月 19日 (水)
ホーム経済OTTパク・セワン&ソン・ゴンヒ主演『最終兵器アリス』、制作発表会を開催

パク・セワン&ソン・ゴンヒ主演『最終兵器アリス』、制作発表会を開催

写真提供= WATCHA
写真提供= WATCHA

動画配信サービス「WATCHA(ウォッチャ)」オリジナルドラマ「最終兵器アリス」の制作発表会が24日、オンラインで開催された。

「最終兵器アリス」は、殺し屋という正体を隠さなければならない転校生キョウル(パク・セワン)と、非暴力で学校を平定したハンサムな変わり者ヨルム(ソン・ゴンヒ)が犯罪組織に追われる物語。

発表会で、出演者のキム・ソンオは、ロマンスを披露するパク・セワンとソン・ゴンヒについて「台本を初めて見た時から、ロマンス部分が魅力的だった。みずみずしく、斬新で、また美しいという感じがした」と述べた。そのうえで「結果にも、それ以上に溶け込んでおり、実際にも親しくて、疑わしい部分もある」と冗談を言って、笑いを誘った。

同じく出演者のチョン・スンギルは「ドラマの中で、私は『ヨルム』の協力者として恋を後押しした。ヨルムにこのような友人ができたことを積極的に支持する立場だ。“疑わしい部分”があれば、それも応援する」と茶化した。

キョウルは「冬」、ヨルムは「夏」をそれぞれ意味する。パク・セワンは「名前のおかげか、呼吸が完璧だった。2人で撮る場面も、台詞の量も多く、待機する時に絶えず練習をした。それでケミストリーがよく積み上げられたのではないかと思う」と振り返った。

ソン・ゴンヒも「練習もたくさんしたし、一緒にアクションスクールにも通って準備する過程で親しくなり、ケミストリーもよく作ることができたようだ」と話した。

©STARNEWS

RELATED ARTICLES

Most Popular