2024 年 7月 24日 (水)
ホームエンターテインメントバイデン大統領に会うBTS「アジア系憎悪犯罪根絶すべきだ」

バイデン大統領に会うBTS「アジア系憎悪犯罪根絶すべきだ」

31日、米ホワイトハウスの記者室でBTSのメンバーがアジア系憎悪犯罪に対して立場を伝えている(AFP)©news1

世界的なK-POPスターのBTS(防弾少年団)が31日午後(現地時間)、米ホワイトハウスでジョー・バイデン米大統領とアジア系憎悪犯罪への対応策について議論する。

BTSは「アジア・ハワイ先住民・太平洋諸島住民(AANHPI)遺産継承月間(5月)」最終日のこの日、ホワイトハウスでバイデン大統領と面談するのに先立ち、アジア系憎悪犯罪に対して各自の立場を明らかにした。

リーダーのRMは「今日、BTSがホワイトハウスに招待され、重要な争点であるアジア系憎悪犯罪の対策について議論することになり光栄」とし、JINは「AANHPIコミュニティと志を共にし記念するためにホワイトハウスに来た」と話した。

ジミンは「最近、アジア系を対象にした多くの憎悪犯罪にとても驚き、胸が痛んだ。このような犯罪を根絶するために、少しでも役に立つよう、きょう、この場を借りて声を上げようと思う」と話した。

JUNG KOOKは「韓国人の音楽が互いに異なる言語と文化を越えて、全世界の多くの方に触れることができるのが今も不思議だ。すべてを結びつけてくれる音楽は、本当に不思議な媒介者」と話した。

J-HOPEは「私たちの音楽を愛してくださる多様な国籍と言語、文化を持ったファン、ARMYの皆さんがいたので、この場に来ることができた」とファンに向かって感謝を表わした。

SUGAは「自分と違うからといって誤ったことではない。違いを認めることから平等は始まると思う」と話した。

最後にVは「私たちは皆それぞれの歴史を持っている。私たちは一人一人が意味のある存在で、互いに尊重し理解するためのもう一歩になることを願う」と明らかにした。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular