2024 年 7月 25日 (木)
ホーム政治ハヌル6号機第12次計画予防整備着手

ハヌル6号機第12次計画予防整備着手

©NEWSIS

韓国水力原子力(韓水原)のハヌル原子力本部は18日、ハヌル6号機が第12次計画予防整備に着手したと発表した。

ハヌル6号機は同日午前10時ごろ、計489日間の1周期無故障安全運転を達成し、計画予防整備に着手した。

ハヌル本部は約50日間、計画予防整備を進め、原子力安全法に基づいて設備の信頼性を引き続き強化していく予定だ。

計画予防整備とは、通常約1年6カ月間、発電機を稼働させた後、核燃料の交換や機器の点検などのため、発電を停止させて点検する作業を指す。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular