2024 年 6月 13日 (木)
ホーム経済IT/メタバースハイテクで「顔ぴったり」メガネ…韓国ベンチャーが新技術 (上)

ハイテクで「顔ぴったり」メガネ…韓国ベンチャーが新技術 (上)

(c)MONEYTODAY

メガネフレームを個人の顔にぴったり合うように製作するベンチャー企業が韓国にある。3次元(3D)プリンティング技術とビッグデータを基盤とした個人オーダーメード型メガネブランドを運営する「ブリズム(Breezm)」だ。

ブリズムは3Dプリンティング、3Dスキャニング、人工知能(AI)などの技術を活用する。顔のサイズを測定し、1万人以上の顔面データを分析した後、顔の類似性が高い人が多く選択した眼鏡を推薦する。

「バーチャルフィッティング」を通じてメガネを仮想的に着用することもできる。顔分析とデザイン選択が終われば、普通2週間の製作期間を経てメガネが完成する。フレームはポリマーとチタン素材から選ぶことができる。

同社は100%予約制システムを通じて、専門眼鏡士と顧客1対1でのコンサルティングを提供する。昨年12月にオープンした麻谷(マゴク)、新沙(シンサ)店を含め、ソウル・京畿(キョンギ)地域の計8店舗を運営している。

「ワンプライス」も強みだ。ポリマーとチタンの素材によってフレームの価格が一つに決まっており、価格交渉をする必要がない。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular