2024 年 5月 22日 (水)
ホームライフスタイルトラベルネットマーブル、Gタワー社屋に「ネットマーブルキャラクター公園」造成

ネットマーブル、Gタワー社屋に「ネットマーブルキャラクター公園」造成

©NEWSIS

韓国ゲーム大手「ネットマーブル(net marble)」は自社社屋Gタワー野外休憩空間に、ネットマーブル代表キャラクターの造形物を設置し「ネットマーブルキャラクター公園」を造成したと明らかにした。

ネットマーブルキャラクター公園は1780坪の広さがあり、ネットマーブル人気ゲームキャラクターと一緒に休める都心型休息空間コンセプトで整えられた。公園の遊歩道に沿って歩くと、ネットマーブルの代表的な知的財産権(IP)「セブンナイツ」「みんなのマーブル」キャラクターをはじめ、「第2の国」「マグマグ」など8種のゲーム37個のキャラクター造形物に出会える。

ネットマーブルGタワーは敷地の70%を公園化し、役員・社員はもちろん近隣地域住民に自然親和的な憩いの場を提供している。誰にでも開かれた空間として自由に利用して休めるように、パゴラ、背もたれベンチ、床噴水など多様な施設物を設置し、散歩する時に休息を楽しみながら学習活動もできるよう生態池なども一緒に造成された。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular