2024 年 2月 24日 (土)
ホーム経済ネットフリックス、時間外取引で19%暴落

ネットフリックス、時間外取引で19%暴落

©news1

米動画配信大手ネットフリックス(Netflix)の加入者増加率が鈍化するとの見通しから、時間外取引で19%ほど暴落した。

ネットフリックスは、正規市場で1.48%下落して取引を終えた後、時間外取引で18.99%暴落している。これはネットフリックスが正規取引終了直後に発表した業績が予想値に及ばないためと分析される。

同社は業績発表で、今年1~3月に250万人の顧客が増加すると予想した。これはアナリストの予想(590万人)の半分にも及ばないもので、前年同期の398万人より少ない数値だ。

ネットフリックスは「ブリジャートン家」シーズン2、映画「アダムプロジェクト」など、期待のコンテンツの発売が、予想より遅くなるとして加入者増加の予想値を下げた。また、南米など世界の各地で加入者増が新型コロナ以前の水準に戻るのが遅れる可能性があると明らかにした。

2021年末基準で同社のグローバル加入者数は2億2180万人に達する。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular