2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済チキン戦争、スーパー越えコンビニへ…3社プロモーション本格化

チキン戦争、スーパー越えコンビニへ…3社プロモーション本格化

©news1

CUやGS25、セブンイレブンといった韓国の大手コンビニ3社が破格のチキンプロモーションに打って出た。物価高時代に大型スーパーのコスパチキンが人気を集め、簡単にチョイスできるコンビニチキンも需要が高まっているためだ。

CUは来月から即席調理食品であるチキンを対象に「2+1」イベントを開始する。CUがチキンを+1贈呈イベントを企画するのは初めてだ。贈呈対象商品は▽もも肉ピリ辛2種▽炭火焼き鳥ピリ辛2種▽串チキンピリ辛2種▽ホットチャルドッグ▽チェダーチーズホットチャルドッグ――などだ。同じ値段の商品なら別の種類でもかまわない。

今回のイベントはコンビニのコスパチキン需要が増えたことから企画された。

CUによると、チキンパック(9900ウォン)を2000ウォン割引する土用のイベントでの商品の売り上げは前年比248%上昇した。昨年のチキン全体の売上伸び率(31.1%)を大幅に上回る数字だ。

コスパチキンの売り上げは他のコンビニ企業でも増えている。

©news1

GS25は今年の初伏・中伏・末伏の三伏(土用)でのチキン類の売り上げが、前年同期比でそれぞれ45.2%、38.6%、47.5%増えた。セブンイレブンの今年の三伏でのチキン売り上げも昨年より80%以上増えた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular