2024 年 5月 21日 (火)
ホーム政治ソウル市民、暖房費急騰でガスの使用急減

ソウル市民、暖房費急騰でガスの使用急減

ソウルのオフィステルの郵便受けに入れられた2月のガス代請求書(c)news1

ソウルの都市ガス使用量が先月、暖房費の急騰で大幅に減り、3月の世帯当たりガス料金が前月より3万7100ウォン(1ウォン=約0.1円)減少した。韓国ガス公社がソウル市の使用量を分析した結果、判明した。これは昨年、ガス料金の引き上げで冬の暖房費に負担を感じた使用者が使用を減らしたためと分析される。

3月の住宅用都市ガス総請求金額が前月に比べ1635億ウォン、世帯当たり3万7100ウォン減少した。ソウル市の住宅用都市ガス販売量は先月、前月比約27%(15万トン)、前年比6%(3万トン)ほど減少した。冬季全体の販売量は前年同期比2.7%(12万トン)減少した。

ガス公社は冬季天然ガス利用料金が1389億ウォン減り、貿易収支改善にも影響を及ぼすとみている。ガス公社の関係者は「政府のエネルギー効率革新政策に積極的に参加し、安定的な天然ガス供給に万全を期する」と述べた。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular