2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済ソウルタクシーの基本料金3800ウォン→4800ウォン値上げ

ソウルタクシーの基本料金3800ウォン→4800ウォン値上げ

©news1

ソウル市が1日、「深夜乗車難解消のためのタクシー料金調整計画に対する意見聴取案」をソウル市議会交通委員会に提出したと明らかにした。市は5日に公聴会を開き、意見聴取案の細部を公開した後、関連業界と専門家、市民の意見を取りまとめる。

それによると、基本料金を従来の3800ウォンから4800ウォンに1000ウォン引き上げられ、基本距離も現行の2キロから1.6キロに短縮される。

距離料金も現行の132メートル当たり100ウォンから131メートル当たり100ウォンに調整される。時間料金も31秒当たり100ウォンから30秒当たり100ウォンに変わる。

現在、午前0~4時に適用されていた深夜料金制は、2時間繰り上げられ、午後10時からとなる。午後11時から翌日午前2時までは割増率がこれまでの20%から20~40%に弾力的に運営される。

模範・大型タクシーの場合、基本料金が現行3キロ当り6500ウォンから7000ウォンに500ウォン上がる。基本距離(3キロ)、距離料金(151メートル当たり200ウォン)、時間料金(36秒当たり200ウォン)など、他の部分はそのまま維持される。ただし追加で深夜割増が20~40%台で適用される。

市は来年2月中に基本料金の引き上げを適用する計画。深夜弾力料金制は乗車難解消の緊急性を考慮して年末ごろに導入する方針だ。

市都市交通室長のペク・ホ氏は「深夜タクシーの供給不足で市民の困難が続いている。需要増加が予想される年末年始を前に、根本的な対策を用意できるよう総力を傾けている」と話している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular