2024 年 2月 24日 (土)
ホームライフスタイルファッションスーツからペットまで…夏の必需品「冷感」ファッション

スーツからペットまで…夏の必需品「冷感」ファッション

©news1

今夏は猛暑がさらに猛威を奮うものとみられ、冷感素材を使った衣料の新製品が続々と登場している。主に下着に限って使われる場合が多かった冷感素材をビジネスライン、ペットファッションなど多様なジャンルに活用しているという点が目立つ。

業界関係者によると、Eランドが運営するSPAブランド「スパオ(SPAO)」は、独自に開発した冷感素材を使用した「クールテック」のラインナップをビジネスラインにまで広げた。

スパオのクールテック(Eランド提供)©news1

クールテックは半永久的ポリエステル素材である「アスキン原糸」を使用し、触ると冷たい「アイススキン」ライン、綿とクールテックを合わせた素材を使用して快適な通気性を誇る「クーリングコットン」ラインなどを備えている。

今年新たに販売したクールテックビジネスラインの代表商品は「クールベーシックジャケット」で、涼しく軽量な素材を使用してベーシックなデザインにした。ワイドスラックスとのセットアップでも演出できる。「ポロカラー半袖ニット」も冷感素材を活用して格式を重んじる席でも涼しく着用できる。

BYCも機能性クールウェア「ボディードライ」ブランドで着用感と機能を加え、スタイルは多様化した2022年型新製品を発売した。日常回復の雰囲気に合わせて野外活動時にも楽に着られるように準備した。

BYC 2022 ボディードライ(BYC提供)©news1

新製品ボディードライコットン(クーリングコットン)ライフウェアは、表面は純綿、裏面は冷感素材を使用した二重織りの片面生地で、天然繊維の自然さと冷感、吸湿速乾機能を兼ね備えた製品だ。

一般の綿Tシャツや綿パンツのようなスタイルに、内側は涼しくて体にくっつかず、べたつきが少ない。製品はワンピース、オーバーフィットTシャツ、ハーフパンツなどがある。

2022年型ラウンジウェアは、耐久性が高いエコ素材を使用した高伸縮軽量製品だ。ルーズフィットTシャツと9分丈、5分丈、3分丈スタイルのパンツという商品構成だ。

愛犬の涼しい夏の散歩に役立つ「ギャリヤス」も目を引く。BYCはペット文化コンテンツ専門企業「トングラミ」とコラボし「ボディードライ愛犬用クーロンニング」を発売した。

BYCは、犬は人より1~2度体温が高く、体に汗穴がなく夏場の蒸し暑さに弱い点を考慮した。特別に製作した接触冷感生地を使用し、ペット用の機能性製品に仕立てた。愛犬の行動習慣に関する理解をもとにストレスを最小限に抑え、服の機能に忠実にデザインした。

BYC 2022 ボディードライ・ペット用(BYC提供)©news1

軽くて柔らかく活動性を高めるのはもちろん、復元力が良く伸びる心配なく長く着られるように作られた。水に濡らしたクールランニングを着せると、超高速ドライ機能で水が急速に蒸発しながら体の熱を下げてくれる。

ビビアン(Vivien)はゴルフウェアアイテムの需要増加に合わせて冷感ストッキングなど夏用ゴルフウェア製品計10種を発売した。いずれも紫外線遮断機能と冷感効果に焦点を合わせて企画された。

紫外線遮断機能を備えたパンティストッキングは、膝上まで上がるニーハイ(knee-high)ソックススタイルの製品で、ずり落ちることなく着用できる。

ネックカバーは紫外線遮断に敏感なゴルファーのため、顔から首まで全体を覆うデザインで設計された。口と鼻の部分はメッシュ素材を使用して呼吸しやすい。

べたつく天気にも快適に使える男女アームカバー3種も発売した。肌触りがさわやかになるような冷感効果がある製品で、紫外線遮断機能も備えている。肩紐部分に紐をつけて、ずり落ちることなく使用できるアームカバー、縫製線のない男女フュージングアームカバーなどを用意した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular