2024 年 2月 26日 (月)
ホーム社会スタバでタンブラー買い、マグカップも“受け取って”窃盗罪?

スタバでタンブラー買い、マグカップも“受け取って”窃盗罪?

©news1

韓国のコーヒー店で、買ってもいないマグカップを渡され、受け取った女性客が窃盗罪で刑事告訴される――という出来事があった。誤解から生じた不始末だが、そのコーヒー店が米コーヒーチェーン大手スターバックスであることから、インターネット上で話題になっている。

女性客の親族が公開した文章や、スターバックス関係者への取材を総合すると――。

女性客は今年2月12日、世宗(セジョン)市内にあるスターバックスを訪れ、タンブラーと飲み物を購入した。店員がタンブラーを包装してピックアップ台に差し出した際、そこには女性客が購入したタンブラー以外に、計3万ウォン相当のマグカップ2個も包装された状態で置かれていた。

女性客は店員と言葉を交わした後、タンブラーとマグカップ2個を手に取って、しばらくとどまったあと、店を出た。女性客は店内にいた際、マグカップを含め、自分がピックアップ台から持ってきた商品が何なのか確認していたという。

店側は、この場面が撮られた防犯カメラを見た後、「女性客は、購買していない商品を受け取ったことを認識していたのに、そのマグカップを持ち帰った」と判断し、翌日、世宗南部警察署に告訴状を提出した――というてんまつだ。

その後、女性客の姉がオンラインコミュニティ「ネイト版」に文章を出して「妹が当惑している」と苦情を訴えた。

「タンブラーだけを購入したと何度も話したのに、店員から包装されたマグカップを渡された。タンブラーを買うとマグカップをもらえるイベントなのかと思った」

「購入していない袋を店員が渡したので“間違いではないか”と思い、領収証の番号と照会したところ、店員は『その通りだ』と答えた」

「再び『タンブラーだけを購入した』と言ったが、店員から『これも持って行け』と何度も言われた」

姉によると、スターバックス側は、女性客の個人情報を知るすべがなかったため、警察に通報したという。ただ姉は「こうしたやり方で連絡を受けて気分のいい人はいない。きちんと確認もせず、店員がわれわれを泥棒扱いにした」と憤っている。

スターバックスコリアはこの件を同日中に確認した。MONEYTODAYの取材に、スターバックス側は刑事告訴の事実を認めたうえで「ピックアップする際、客と店員の間のコミュニケーションで誤解が生じ、発生したことと把握している。現在、女性客側との話し合いを通じて円満に解決しようと努力している」と話した。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular