2024 年 6月 22日 (土)
ホームライフスタイルコンテンツ×プラットフォーム生態系転覆させた革新者の話…「グラウンドルールズ」

コンテンツ×プラットフォーム生態系転覆させた革新者の話…「グラウンドルールズ」

グラウンドルールズ(写真=遠く深く提供)©NEWSIS

「世の中は私たちが作っていくものです。世の中が大きく変わる時は、既存の成功方程式に留まっていたものが没落するんです。新たな時代が到来したときにはいつも、新しいプレーヤーにチャンスが訪れます。これをつかまなければなりません」

「グラウンドルールズ」(出版「遠く深く」社)は韓国の専門家24人が、デジタルプラットフォームと世界に広がった文化コンテンツについて話す。「グラウンドルール」とは、本来スポーツ競技中に既存のルールを適用しにくい状態の時、臨時に決めて守る規則を意味する。しかし、ビジネスでのグラウンドルールとは、個人と組織が未来を準備するために守るべき基本行動ルールを意味する。

米動画配信大手ネットフリックス(Netflix)のCEO、リード・ヘイスティングス(Reed Hastings)は、彼の経営哲学を一言で「規則なし(No Rules)」と定義する。ややもすれば成功するコンテンツには絶対的な規則が存在しないという意味と誤解することもありうるが、これは厳密に言えば「規則があってはならないという規則」に近い。米国という限られた市場環境に固執したコンテンツを制作したら、190カ国の視聴者を動かすコンテンツを作ることはできないという意味だ。

成均館(ソンギュングァン)大サービス融合デザイン学科のチェ・ジェブン教授から、MBCのキム・テホ元PD、CJ ENMのキム・ソクヒョン常務ら専門家から聞いたコンテンツ環境の変化はより厳しく、速い。マルチバースでミュージックビデオを撮ったり、サイン会を開いたり、AIが創作する時代が到来し、新しい領域での文化コンテンツが始まった。

この本ははスタジオドラゴン(Studio Dragon)とウェーブ(Wavve)、カカオ(Kakao)、クーパン(Coupang)、KTなど大型化と体系化されたコンテンツ制作システムを構築した企業の事例を通じて、高品質のIPを確保し、ユーザーからの忠誠度を高め、プラットフォームとしての立地を固める戦略を細かく分析する。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular