2024 年 5月 18日 (土)
ホームライフスタイルコロナ禍で「高級化」韓国マンション共同利用施設…映画館・プール・キャンプ場まで (下)

コロナ禍で「高級化」韓国マンション共同利用施設…映画館・プール・キャンプ場まで (下)

(c)NEWSIS

子供たちに特化したコミュニティー施設が入るマンション団地もある。先月31日から入居を始めた京畿道(キョンギド)楊州市(ヤンジュシ)の「楊州玉井(オクチョン)儒林(ユリム)ノルウェー森」が代表的だ。

室内遊び場と温室ハウス(ボタニックガーデン)を設け、保育園、キッズ図書館などキッズ中心の施設を備えた。室内遊び場は業界1位のプレイタイムグループの「リトルチャンピオン」を導入し、「リトルノルウェーの森」という約661平方メートル規模のキッズカフェを開設した。

高級化・差別化の動きも本格化している。

「開浦(ケポ)レミアンフォレスト」は保育園、図書館など基本的な共同施設をはじめ、スクリーンゴルフ▽器具ピラティス▽レストラン▽ゲストハウス▽共有オフィス――まで運営している。ヨガ▽放送▽ラインダンス▽囲碁教室など――多様なコンテンツも提供。

特にレストランは「新世界フード」と契約して中華料理や洋食、アジアンフードなどホテルバイキング級の料理が楽しめ、入居者の評価が高い。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular