2024 年 2月 27日 (火)
ホームエンターテインメントグラミー賞逃した「BTS」…実は成功の延長線上 (下)

グラミー賞逃した「BTS」…実は成功の延長線上 (下)

  現場ルポ  

「第64回グラミー賞」でパフォーマンスを披露するBTSのメンバー(写真提供=Big Hit Entertainment)©MONEYTODAY

ただ、音楽業界では、今回受賞を逃したことが「失敗」を意味するのではない、というコンセンサスが形成されている。

新型コロナウイルス感染拡大で対面公演やテレビショー出演といった活発な海外活動が難しかった時期に、BTSはグローバル戦略を展開した。「ヒットソング」セオリーに沿った「Butter」や、グローバルロックスター、コールドプレイ(Coldplay)とコラボした「My Universe」などを繰り出し、影響力を拡大させた。その戦略が奏功して、ビルボードやAMAでの栄誉につながったからだ。

音楽評論家のチョン・ミンジェ氏はこんな見方を示した。

「グラミー賞とは、いくら足を踏み入れたくても、それができない場だ。そこに2年連続、割って入ったこと自体、意味がある。次は、グラミー賞のテイストに合う作品を出せば、いつでも受賞できる」

別の見方もある。

そんな「Butter」でさえ、グラミー賞候補曲となった、という評価だ。裏返せば、それだけBTSとK-POPの地位が高くなったということだ。

グラミー賞はそもそも、バックストリート・ボーイのような、米国を代表するアイドルボーイズバンドの商業音楽に一度も賞を出したことがない。だがBTSは授賞式に単独パフォーマーとして舞台に立ち、「Butter」を披露してスタンディングオベーションを受けている。グラミー賞と米ポピュラー音楽界がBTSの実力を認めているというわけだ。

チョン氏はK-POPの近未来を次のように展望する。

「BTSだけではない。TWICEが米国ツアーを成功裏に終え、Stray Kidsが『ビルボード200』で1位になるなど、K-POPが影響力を拡大している。BTSがグラミー賞まで獲ることになれば、英米のポピュラー音楽から影響を受けて形成されたK-POPが、本場で認められたことになる、という点で大きな業績になる」

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular