2024 年 5月 18日 (土)
ホーム経済クラフトン半分、ネットマーブルは新安値

クラフトン半分、ネットマーブルは新安値

©MONEY TODAY

韓国のビデオゲーム開発「クラフトン(KRAFTON)」は公募価格に比べほぼ半分に減った。先週、「ウィメイド(WeMade)」は2日間暴落し、ゲーム株の代表走者である「ネットマーブル(netmarble)」は、52週間の新安値(1年を通した最安値)を記録した。韓国屈指のゲーム会社の実績不振が明らかになり、ゲーム株ツーシームが崩壊した。

KOSPI市場で11日、クラフトンは前日比12.79%安の25万9000ウォンで取引を終えた。クラフトンの公募価格49万8000ウォンの半分の水準だ。クラフトンは同日、取引中、一時25万5500ウォンをつけ、上場後新安値も更新した。

コスダック市場で前日暴落したウィメイドは、2日連続で急落し10.13%安の9万5800ウォンで取引を終えた。ウィメイドマックスも13.03%下落して取引を終えた。 KOSPI市場でネットマーブルは、取引中一時9万7200ウォンの52週間の新安値をつけた後、1.29%安の9万9700ウォンで取引を終えた。その他、コスダックでパールアビスが2.39%下がり、ドラゴンフライも1.05%下落した。

コスダック3大業種(バイオ、電気自動車、ゲーム)の一つであるゲーム株が急落し、コスダック指数は18.26ポイント(2.04%)下がった877.42で取引を終えた。

◇クラフトン、業績不振に保護預かりまで解放

クラフトンが前日発表した第4四半期の売上高は、前年同期比25.9%増の4440億ウォン、営業利益は53.6%減の430億ウォンを記録した。これは、市場の期待値である売上高4983億ウォン、営業利益2135億ウォンを大幅に下回るものだ。

チャン・ビョンギュ(張秉奎)議長の職員株式贈与による株式補償費約609億ウォンなど一回性の費用が1000億ウォンも発生し、営業利益が予想より低くかった。2021年の年間売上高は1兆8863億ウォンで2兆ウォンを下回り、“2兆クラブ”入りは実現しなかった。

チャン・ビョンギュ(張秉奎)議長©MONEY TODAY

一時的な費用も問題だが、本業のゲーム業績は低迷していた。「和平正英」(中国)の売上高が減少し、昨年11月に発売した「バトルグラウンド:ニューステート」が、市場の期待値を大幅に下回った。ゲームの売上げは低迷しているのに、手数料やマーケティング費用は大幅に増加した。

韓国投資証券のチョン・ホユン研究員は「信じていた斧の裏切り」と題する報告書で「期待していたニューステイトの不振が手痛く、売上高30億ウォン以上を期待したが、10~12月期の業績だけを見ると、期待値を大きく下回った」と指摘した。投資意見は買いから中立に引き下げられた。

また、クラフトンは10日から上場6カ月が経過し、上場前の投資家らの保護預かりが市場を解放し、大量の物量が供給された。保護預かり解除数量は計1275万株(26.05%)で、しばらく市場での売り圧力が続く見通しだ。

◇10~12月期の業績は期待以下

ウィメイドも、奇妙な実績が問題となった。同社は今月9日、2021年の連結基準売上が前年比344%増の約5610億ウォンを記録したと発表した。営業利益は3260億ウォン、当期純利益は4852億ウォンと、2017年以降4年ぶりに劇的な黒字転換を記録した。特に、第4四半期の売上高は3524億ウォンで656%暴騰した。

しかし、第4四半期の売上高3524億ウォンのうち、仮想通貨ウィミックス流動化の売上(コインの売り渡し分)が2255億ウォンと全体の売上の64%を占め、議論を呼んだ。ゲームやウィミックスプラットフォームで金を稼いだわけではなく、事実上、大半の売上は今年1月に議論を呼んだウィメイド社のウィミックスプラットフォームの売却金だった。ウィミックスの売却金を除いた「ミル4グローバルゲーム」の売上とウィミックスプラットフォームの売上が期待以下の水準を示し、市場で2日間投売りが殺到した。

「オーディン(ODIN)」イメージ(カカオゲームズ提供)©MONEY TODAY

カカオゲームズの実績も期待以下だった。同社の第4四半期の売上高は、第3四半期比38.5%減の2867億ウォンで、市場の期待値を17.7%下回った。「オーディン(ODIN)」の四半期の1日平均売上高が、第3四半期の38億ウォンから第4四半期は17億ウォンへと、あまりにも早く減少した影響を受けた。カカオゲームズは「ブロックチェーンネットワーク『ボラ』を中心に、P2E(金儲けゲーム)を発売している」とし、期待を高めているが、従来のゲーム売上げは早いテンポで下落し、第1四半期は新作ゲームがなく、短期的な利益予測は明るくないという分析だ。

ネットマーブルもまた、残念な第4四半期の実績を記録し、52週間の新安値に下がった。ネットマーブルの第4四半期の売上高は7513億ウォン、営業利益は575億ウォンでそれぞれ前年比20.4%増、30.3%減となった。国内新作の発売がない中、従来のゲーム売上が自然に減少した影響だった。

©MONEY TODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular