2024 年 6月 13日 (木)
ホーム経済IT/メタバース“キムチコイン”ウィミックス、上場廃止へ

“キムチコイン”ウィミックス、上場廃止へ

ウィミックスロゴ(ウィミックス提供)(c)news1

韓国のデジタル資産取引所共同協議体(DAXA=文末参照)は24日、暗号資産(仮想通貨)「ウィミックス(WEMIX)」に対する取引支援を12月8日に終了することを決めた。時価総額が一時、3兆5000億ウォンに達した代表的な“キムチコイン”であるウィミックスは結局、上場廃止手順を踏むことになり、業界内外に衝撃を与えている。

DAXAの上場廃止決定で、ウィミックス価格と時価総額は暴落した。ウィメイド側は上場廃止無効の仮処分申請を出す方針を明らかにしている。

DAXAは取引支援終了の理由として▽公示に対してウィミックスの流通が過多だった▽投資家に誤った情報を提供した▽取引支援の終了可否をめぐり未確認情報を数回、メディアに発表した▽疎明期間に提出した資料に誤りがあった――などを挙げたうえ「プロジェクト内部における重要な情報の把握や管理の能力に対し、信頼を回復しがたい異例の状況が発生した」と指摘した。

「ウィミックス(WEMIX)」は韓国のゲーム制作「ウィメイド(WeMade)」が安全資産を100%担保するステーブルコイン。ウィメイドは「流通計画よりウィミックスの流通量が多い」という疑惑を受けており、先月27日、韓国の4つの取引所から留意銘柄に指定されていた。

デジタル資産取引所共同協議体(DAXA)

韓国のアップビット(Upbit)、ビッサム(bithumb)、コインワン(Coinone)、コルビット(Korbit)、ゴーパックス(GOPAX)の5大暗号資産(仮想通貨)取引所が、投資家保護と取引支援について共同で対応するため2022年6月に立ち上げた協議体。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular