2024 年 7月 24日 (水)
ホーム経済カカオペイ、株価の最高値に比べ42%下落…業績不振・ストックオプション紛争

カカオペイ、株価の最高値に比べ42%下落…業績不振・ストックオプション紛争

昨年11月3日、ソウル・汝矣島の韓国取引所で開かれたカカオペイのKOSPI新規上場記念式典©news1

韓国のSK証券は、フィンテック企業カカオペイの業績不振や経営陣のストックオプションをめぐる紛争などを反映して、目標株価を21万ウォンから14万5000ウォンに30.9%引き下げた。

SK証券のチェ・グァンスン研究員は18日の報告書で「カカオペイの昨年第4四半期(10~12月)の営業収益は前年同期比32.3%増の1228億ウォン、営業損益は赤字が続いてマイナス89億ウォンを記録すると予想される。かんたん決済の拡大で営業収益は高成長が持続するが、上場後の株価上昇による株式報酬費用の発生で営業赤字が拡大する」と明らかにした。

チェ研究員は「カカオペイの株価は上場後23万8500ウォンを頂点とし、前日(13万9500ウォン)基準で42%ほど下落した。最近の株価下落の理由は、第4四半期の営業赤字拡大と経営陣のストックオプション(株式買収選択権)行使をめぐるトラブルのため」と診断している。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular