2024 年 6月 19日 (水)
ホーム経済カカオ、韓国人役職員の韓国年俸ランキング1位…サムスン電子・SKTを抜いた

カカオ、韓国人役職員の韓国年俸ランキング1位…サムスン電子・SKTを抜いた

カカオのキム・ボムス議長(右)とナムグンフン代表(共同取材写真)©NEWSIS

韓国ネット大手カカオの役職員1人当たりの平均年俸が昨年60%近く急騰し、1億7200万ウォンを記録した。プラットフォームライバル企業ネイバーに続き、サムスン電子、SKテレコムを抜いて事実上年俸ランキング1位の企業にのし上がった。

金融監督院の電子公示システムに23日登録された2022年度の事業報告書によると、カカオの役職員は昨年1人当たり平均1億7200万ウォンの報酬が支給された。前年の1億800万ウォンに比べ59.3%も増えた。

同期間、サムスン電子は1人当たり平均1億4400万ウォンを、SKテレコムとネイバーはそれぞれ、1億6200万ウォンと1億2915万ウォンを、取締役や従業員の報酬として支給した。

サムスン電子やSKテレコム、ネイバーの昨年の1人当たりの報酬引き上げ率は、それぞれ13.4%と33.9%、26.0%と高かったが、カカオはさらに上回った。

カカオは2015年、従業員の平均報酬として1億3248万ウォンを支給し、その後2019年までは1億ウォン未満だった。しかし、2020年、1億800万ウォンを支給し、ネイバーの1億248万ウォンを抜いた。昨年はIT業界の高額年俸で有名なSKテレコムとサムスン電子も追い抜いた。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular