2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治・社会・経済オンライン集中麻薬取締まり、10~20代摘発相次ぐ

オンライン集中麻薬取締まり、10~20代摘発相次ぐ

©MONEYTODAY

韓国で最近になって麻薬事犯は10~20代を中心に増加傾向が目立っている。国会行政安全委員会所属の与党「国民の力」キム・ヨンパン議員が警察庁から提出された資料によると、10代の麻薬事犯検挙件数は2018年104人から昨年309人へと3年間で2.9倍増えた。20代の麻薬事犯も2018年1392人から▽2019年2422人▽2020年3211人▽2021年3507人へと着実に増えた。

今年上半期(1~6月)には10代の麻薬事犯が179人、20代の麻薬事犯が1990人逮捕された。特に最高検察庁によると、今年上半期の国内麻薬関連犯罪8575人のうち、年齢別では20~29歳が全体の31.7%で最も多かった。

10~20代と違って、30代と40代の麻薬事犯は最近減少した。警察庁によると、30代麻薬事犯は▽18年1084人▽19年2499人▽20年2803人に増えたが、昨年2437人に小幅減少した。40代は▽2018年2085人▽2019年2207人▽2020年2346人に増え、昨年1781人に減った。

10~20世代麻薬事犯の増加について、韓国麻薬退治運動本部のイ・ボムジン麻薬退治研究所長(亜洲大薬学部教授)は「首都圏クラブを中心にSNSとダークウェブなどをよく利用する若い世代の間で麻薬文化が広がっていると見られる」と話した。

一方、こうした傾向が警察がオンライン麻薬取り締まりに集中した結果だという解釈を出している。麻薬犯罪は、明らかになっていない犯罪の割合が高い。対面取引を主に利用する40~60代の麻薬事犯に対する取り締まりが疎かになりかねないという懸念が提起されている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular