2024 年 5月 24日 (金)
ホーム経済IT/メタバースウ・ヨンウのクジラCG制作裏話…「50人がかりで4カ月」

ウ・ヨンウのクジラCG制作裏話…「50人がかりで4カ月」

ファン・ジンヘ氏(キャッチーコリア提供)©NEWSIS

ENAドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のクジラの制作を総括したスーパーバイザーのファン・ジンヘ氏がこのほど、アリランテレビの番組「キャッチーコリア(CATCHY KOREA)」出演し、クジラコンピュータグラフィック(CG)の裏話について語った。

ファン・ジンヘ氏は「ヨンウの感情を代わって表現できるのがクジラだと思った」と語った。リアルなクジラの姿を制作するために、多くの努力を傾けた。CG作業だけで50人余りが関わり、コンセプトからモデリングまで4カ月かかったという。

ファン・ジンヘ氏は「視聴者がクジラに感情移入できるよう、細部にこだわった」という。例えば、14回目に出てきたシャチの場合、水族館で虐待を受けるという場面なので「尻尾が曲がったり傷が多かったりするという設定を生かした」などと説明した。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の中のCG作業は好評だった。ファン・ジンヘ氏は「韓国のCG、VFX技術力が驚くべき発展を遂げたのは、結局、人の力だった。このような発展のために作業者やアーティストへの投資が必要だ」と訴えた。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular