2024 年 6月 16日 (日)
ホームライフスタイルインテリア・個性を込めたオリジナル小物…工芸制作もオンライン時代(下)

インテリア・個性を込めたオリジナル小物…工芸制作もオンライン時代(下)

©NEWSIS

環境保護や持続可能なデザインへの関心が高まっていることで、ゼロ・ウェイスト、アップサイクリングなど使い捨て用品を減らすライフスタイルを目指す人々が増えた。リサイクル方法、または使い捨て用品を新たに活用できるファブリック製品を自ら製作できるクラスも関心を集めている。

「ヒヤのささやかな工房(heeya’s sosohan)」の「ミシンでクオリティの高いゼロ・ウェイスト小物作り」は、ミシンを活用してゼロ・ウェイストファブリック小物の作り方を教えてくれる。

穴の開いた服、割れた皿などを捨てずに、新たな生命を吹き込んで直して使うことを提案するクラスもある。

「ボクテとハングン(Boktea Hangun)」の「死んだ服も蘇るチェンマイ式の刺繍・修繕を学ぶ」では、チェンマイ式の刺繍や修繕によって鞄、マスク、ポーチ、靴など穴が開いたり破れたりした部分をおしゃれに修繕して使う「生き方」を提案する。

ひびが入った皿を生まれ変わらせる方法を教えてくれる「キンキンのアップサイクリング、皿修繕教室金継ぎ」では、合成漆を使って簡単にひび割れた皿を修復する方法などを学ぶ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular