2024 年 5月 19日 (日)
ホーム経済アモーレパシフィック会長、昨年の報酬43億7900万ウォン

アモーレパシフィック会長、昨年の報酬43億7900万ウォン

ソ・ギョンベ会長(アモーレパシフィックグループ提供)©news1

韓国の化粧品大手アモーレパシフィックグループのソ・ギョンベ(徐慶培)会長は昨年、同グループとアモーレパシフィックから、43億7900万ウォンの報酬を受け取ったことがわかった。前年(2020年)の年俸(22億3100万ウォン)に比べ96.3%増えた。

金融監督院の電子公示システムによると、ソ会長はアモーレパシフィックから32億5700万ウォンを、グループから11億2200万ウォンをそれぞれ受け取ったことで、計43億7900万ウォンとなる。

具体的には▽アモーレパシフィックから給与22億4200万ウォン、ボーナス9億4000万ウォン、法人車両使用のその他所得7500万ウォンを含めた32億5700万ウォン▽グループから給与として7億3400万ウォン、ボーナスとして3億8800万ウォン――という内容だ。

ソ会長は「Kビューティー全盛期」を享受して2017年から109億ウォンの給料を受け取り、化粧品業界の年俸王にのし上がった。その後、中国での「限韓令」(韓流禁止令)の影響などで2018年から業績が急速に悪化し始め、年俸が20億ウォンに減った。

ソ会長は2020年、新型コロナウイルス感染の影響による経営難克服のため、4~9月は自ら基本給を50%減額した。アモーレパシフィック関係者は「報酬の支給は役員報酬規定に基づき、職位および役割によって執行されている」と説明している。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular