2024 年 6月 21日 (金)
ホームエンターテインメントひき逃げ疑惑の韓国歌手…事故映像のドライブレコーダー、メモリーが消えていた

ひき逃げ疑惑の韓国歌手…事故映像のドライブレコーダー、メモリーが消えていた

チャンネルAニュース映像キャプチャー(c)MONEYTODAY

ひき逃げの疑いで立件された韓国の歌手キム・ホジュン(33)の事故当時の映像が公開される中、彼が運転していた車のドライブレコーダーのメモリーカードが消えたと伝えられた。

チャンネルAなどは14日、キム・ホジュンが9日にソウル市江南区狎鴎亭洞(カンナムグ・アックジョンドン)近くで起こした事故当時の映像を公開した。

それによると、キム・ホジュンが運転していた白い輸入SUVが9日午後11時44分ごろ、道路を走っていたところ、突然、中央線を越え、止まっていたタクシーの左側に衝突した。車はしばらく止まったが、運転者は何の措置も取らずにそのまま直進して消えた。

警察によると、事故発生から2時間過ぎた10日午前1時59分、キム・ホジュンのマネジャーが「自分が運転していた」と出頭した。しかし、警察は車の持ち主がキム・ホジュンであることを確認し、追及されたキム・ホジュンは自分が運転したことを認めた。

キム・ホジュンは事故翌日の10日午後4時30分ごろに飲酒測定を受けたが、警察はこの時、ドラレコのメモリーカードが抜かれていることを確認した。

所属事務所側は「マネジャーが自分で処理すると言って出頭した。これを知ったキム・ホジュンが警察署に行って調査や飲酒測定を受けた」としている。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular