2024 年 5月 23日 (木)
ホーム社会なんとも独特な「追加料金」の解釈…韓国ののり巻き店、SNSで袋叩きに

なんとも独特な「追加料金」の解釈…韓国ののり巻き店、SNSで袋叩きに

写真は記事の内容とは関係ありません(c)news1

韓国で、のり巻きから材料のハムを外すのに2000ウォン(約220円)の「追加料金」を取る有名のり巻き店が議論を呼んでいる。この店は追加料金について尋ねた客の写真を公式SNSに載せて攻撃したため、袋叩きにあっている。

この店の客の14日の投稿によると、ソウル市中区(チュング)ののり巻き屋では、ハムやたくあん、カニカマを抜くのに2000ウォンの追加料金が必要だ。

客は「ハムを食べないから入れないでほしい。だが、なぜ追加料金が必要なのか」と質問。すると経営者は「材料を抜いた分、他の材料が多く入るので追加費用が必要だ」と答え、「無条件に自分の好きなようにしてほしいという客は初めて。幼い生徒でもそんなことを聞かないだろう」と続けた。

客のSNS投稿が話題になると、経営者は店の公式SNSに客の写真を載せて「商売人の人格に対する殺人だ。Xに載せている限り、こちらも客の写真を1枚ずつ載せる」と怒った。これを見た客は「2000ウォン追加されるのか尋ねただけなのに、幼い生徒扱いだ。どう対処すればいいのか」と困惑した。

この店は昨年10月にも、のり巻き12人前を注文した客から配達の遅れをレビューで指摘され、「この注文を受けるために夕方の売り上げをあきらめた。二度と注文を受けない」と攻撃したことがある。

この店の地図アプリのレビューには「まずくて高い」「店長が本当に不親切だ」「経営者ではなく、ほとんどヤクザ」といった書き込みが残されている。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular