2024 年 2月 23日 (金)
ホーム政治・社会・経済さらに過激に…たばこ価格の警告キャンペーン

さらに過激に…たばこ価格の警告キャンペーン

(出典:保健福祉省)©MONEYTODAY

韓国で、たばこ価格の警告画像と警告文が2年ぶりに変わる。肺がん、喉頭がん、受動喫煙、早期死亡、性機能障害など、テーマ別の特性に合わせて健康被害についての表現を強化する。

新しい警告画像は、以前のものより「ぞっとした」という感想が出ている。脳卒中や口腔がんなど疾患別の写真が、より直観的なものになり、たばこの吸殻がいっぱい詰まった粉ミルク瓶を赤ちゃんに吸わせる図柄が、間接喫煙の警告画像に決まった。

保健福祉省によると、第4回国民健康増進政策審議委員会が20日、イ・ギイル保健福祉2次官主宰で開かれ、12月23日から施行される第4期たばこの箱の警告画像や警告文などについて議論した。

第4期警告画像は、肺がん、喉頭がん、口腔がん、心臓疾患、脳卒中、受動喫煙、妊婦喫煙、早期死亡、性機能障害、歯の変色、巻きたばこ型、液状型電子たばこといった12のテーマ別の特性に合わせ、健康被害に対する表現を強化している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular