2024 年 6月 16日 (日)
ホームライフスタイルこの秋、おじさんたちの小説にはまった

この秋、おじさんたちの小説にはまった

10月男性読者層注目図書(写真=イエス24提供)©NEWSIS

読書の季節を迎え、韓国の男性読者が小説分野に注目している。

イエス24(YES24)は、10月の1カ月間、男性読者の購買図書分野別シェアを分析して発表した。今年1~10月まで4位だった小説・詩・戯曲分野は今月には漫画・ライトノベルを抜いて3位となった。

年齢別分析では50代と60代の男性層で小説・詩・戯曲分野が2位を記録。40代では3位、20代では5位となった。

中高年層男性読者の最も多くの選択を受けたのは「お父さんの解放日誌」と「ハルビン」だ。歴史的内容を素材に扱った二つの小説は、こうした年齢層で特に高い販売率を記録している。

「お父さんの解放日誌」の場合、先月の出版後、解放以後70年間の現代史を骨太の叙事で表現し、多くの中高年男性層の関心を呼び起こした。購買者の性別・年齢比分析の結果、40代男性が14.6%、50代男性が16.0%と男性購買者が最も高い購買率を示し、小説全体・詩・戯曲分野での性別年齢(40代男性10.7%、50代男性7.4%)を比べても、より高い比率を記録した。

「ハルビン」も男性読者に親しまれた今年の小説だ。しっかりとした男性読者ファンダムを保有した作家キム・フンの新作長編小説は10月第1週~3週に集計した男女購買性別比でそれぞれ51.2%、48.8%と、男性がより高い比率を記録した。

10月の男性読者の総合ベストセラー上位10位圏でも小説・詩・戯曲分野が人気だ。10月1週間~3週間、男性購買基準総合ベストセラー図書を分析した結果、上位10位圏に小説4種が上がり経済経営書の次に高い注目を集めている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular