2024 年 7月 16日 (火)
ホーム経済IT/メタバースこのままだと広告すべて取られそうになる……伝統韓服のモデルまで仮想人間

このままだと広告すべて取られそうになる……伝統韓服のモデルまで仮想人間

仮想人間「ルイ」が伝統韓服モデルに抜擢された(写真提供=ディーオービースタジオ)©MONEY TODAY

韓国で金融・文化・自動車などのさまざまな業界における新たなイメージ構築のため、モデルをバーチャルヒューマン(仮想人間)に置き換えている。仮想人間「ルイ」は旧正月を控え、伝統韓服モデルの座を獲得し、仮想空間でも美しい韓服を広めようとしている。

人工知能仮想顔専門企業「ディーオービースタジオ(dob Studio)」は最近、ルイが伝統韓服のモデルに選ばれたと発表した。薄紫色のチマにアイボリーのチョゴリを着たルイの正月晴れ着の映像は先月28日にYouTubeで初公開された。

ルイは人の顔と区別が難しい仮想の顔のコンテンツで話題を集めた。文化体育観光省の広報大使や韓国観光公社の名誉広報大使に続き、伝統韓服のタムハンのモデルに選ばれ、韓国の文化や伝統、観光地のPRに積極的に取り組む計画だ。

ディーオービースタジオのオ・ジェウク代表は「ルイに韓服を着せるために知人の紹介で韓服専門企業『タムハン』から協賛を受けたが、SNSで口コミが広がり、『ルイ韓服』を見に来る人が増えたため、タムハンで正式にルイをモデルに選定した」と説明した。

ルイは今年の春、夏、秋、冬のグラビアなど少なくとも2回タムハンの韓服ファッションモデルとして活動する予定だ。

タムハンは1952年に鐘路(チョンノ)広場市場で韓服の卸売り・小売店から始まった。今年、設立70周年。韓服生地を輸出し、伝統的な結納の進物服に関する教育をするなど、伝統韓服と伝統文化を保全して、知らせることに力を注いできた。特に、高級な晋州(チンジュ)シルクと、名品を作る職人の伝統的な裁縫技術で、婚礼をはじめ各種の贈り物として愛されている。

タムハンの関係者は「最も伝統的なタムハンの韓服が最も先端の技術で製作されたバーチャルヒューマン『ルイ』によく似合う姿を通して、伝統韓服がメタバース時代にも美しさでは決して遅れを取ることなく、むしろ競争力があることを示すためモデルに選定した」と明らかにした。

ルイは、MZ世代のデジタル・プケノリ(仮想の顔を使い、異なる人格で暮らすこと)を代表するバーチャルヒューマンとして、YouTubeのルイカバリー(RuiCovery)チャンネルでKポップやポップカバーコンテンツを主にアップロードしている。ディーオービースタジオの仮想顔技術は、放送で犯罪被害者の顔を仮想顔に変換して匿名性を保護したり、芸能番組で音楽グループ「ウララセッション(ULALA SESSION)」の故イム・ユンテク団長を復元するのに使われ、好評を得ている。

オ・ジェウク代表は「ルイは韓国を代表するバーチャルヒューマンとして、世界の人々に韓国の文化やコンテンツ、韓国旅行をPRする活動を続ける」と述べた。

これに先立ち、新韓ライフの広告モデルとして有名になった仮想人間「ロージー」は先月27日に公開されたYouTube動画で、芸能人のホン・ソクチョンらのテレビ電話でのインタビューを受け、MCとしての活動領域を広げた。自動車業界では先月20日、韓国のトラックメーカー「タタ大宇商用車」の新車発表会に登場した仮想人間「ミズ(Mis)セン」が新車よりも注目された。ミズセンはタタ大宇商用車のクリエイティブディレクターとして「マクセン」と「クーセン」の新車プレゼンを担当した。

©MONEY TODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular