2024 年 5月 23日 (木)
ホームライフスタイル「2060年、韓国の福祉が停止する」…国会予算専門家の警告

「2060年、韓国の福祉が停止する」…国会予算専門家の警告

(c)MONEYTODAY

韓国では、現在の価値基準でみれば、2060年の国民年金の赤字規模は327兆ウォン(1ウォン=約0.11円)まで増える見通しであることが、第4次国民年金財政推計でわかった。健康保険も赤字規模が388兆ウォンに達するなど、各種公的年金赤字を合わせれば計1000兆ウォン規模に達するものと見られる。

結局、急増する国民年金と健康保険の負債を政府が全て抱え込むことになり、1年の政府予算を全て注ぎ込んでも各種公的年金負債と国家負債を返済できない。したがって、韓国は超少子化と超高齢化現象によって世界で初めて財政福祉が停止され、世界最低の超低出生率のため世界で初めて消滅する国家になるだろう。

韓国政府は放漫な予算事業を長期間にわたって拡大し、財政運用の非効率と弊害が大きくなった。しかし、これに対する是正や構造調整なしに政府の債務超過と負債が引き続き拡大した。このような韓国財政の問題は、何よりもケインズ主義方式の財政運用を、何の牽制もなしに長期間一方的に進めてきたことを放置した必然の結果だ。

その結果、今は韓国の経済成長率が急落し、日本も抜いて2030年代には経済協力開発機構(OECD)国家の中で最下位になるものとみられる。これに加え、少子高齢化、長期低迷、第4次産業革命などによって、未来世代の財政福祉負担はさらに急増し、福祉と年金を維持することができなくなると予想されている。

国家の重要課題は福祉停止を防ぐことだ。韓国はケインズ主義国家を世代間正義国家に転換することによってのみ福祉を維持できる。これが書籍「韓国の福祉が停止する 2060年大韓民国福祉デフォルト」の著者の主張だ。

著者は国会予算決算特別委員会交渉団体専門委員と国会政策研究委員などで11年以上国家財政審議現場で働いてきた。同書は、このような問題を解決するための解決策を長く考えてきた著者が、国家財政審議の現場で9000件以上の政府予算事業を実務的に扱うことで気づいた韓国財政の問題点とこれを解決するための解決策を盛り込んでいる。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular