2024 年 7月 22日 (月)
ホーム社会「飲酒で電動キックボード」ソウルで事故9倍、取り締まり強化

「飲酒で電動キックボード」ソウルで事故9倍、取り締まり強化

パーソナルモビリティ(個人型移動装置)利用文化改善キャンペーンを開くソウル市職員や警察官ら(写真提供=ソウル市)(c)MONEYTODAY

ソウル市東大門(トンデムン)区にある地下鉄1号線の回基(フェギ)駅前に3月28日、市職員や東大門警察の警察官が集まった。ヘルメットをかぶらなかったり、酒を飲んだりして電動キックボードなどパーソナルモビリティ(PM、個人型移動装置)を利用する大学生に注意を促したり、取り締まったりするためだ。

慶熙(キョンヒ)大学が近くにある回基駅はPM利用者が多く、1時間の間に無免許(2件)、ヘルメット未着用(3件)を取り締まった。

ソウル市は3月29日、PMについての安全意識を高めるためにキャンペーンに乗り出すと発表した。市内のPM関連事故件数が2018年の50件から昨年445件へと約9倍に増加しているからだ。

PM利用時にはヘルメットの着用が義務付けられており、原動機付き自転車免許以上の運転免許が必要だ。これらに違反すれば罰金や過料を払わなければならないが、そうした規則を知らない利用者が多い。

市は来月から規則の順守を求める映像を屋外電光板に流し、違反取り締まりとキャンペーンも拡大していく。

ユン・ジョンジャン市都市交通室長は「PMが便利で安全な交通手段として位置づけられるよう、利用者の意識改善に努める」としている。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular