2024 年 5月 21日 (火)
ホームライフスタイル「韓国語を勉強しよう」5カ月間で外国人14万人が殺到した会話学習アプリ

「韓国語を勉強しよう」5カ月間で外国人14万人が殺到した会話学習アプリ

©MONEY TODAY

外国語会話教育プラットフォームを運営する「ハイローカル(hiLokal)」が、サービス開始5カ月で利用者が15万人に増えた。

ハイローカルは外国語会話学習コミュニティを基盤に、お互いの言語を助けるランゲージエクスチェンジ(言語交換)が特徴だ。留学生が現地の言語を早く習得するために互いの言語を教える文化を、時間と空間の制約を受けないオンラインで実現した。例えば、韓国に留学で来た英国人が韓国語を学ぶために1時間は英語を教え、1時間は韓国語を学ぶ方式だ。

まず、韓国語を学びたい外国人向けのサービスに集中し、アプリを5カ月運用した結果、利用者が6月の5000人から11月末には15万人と、30倍も増えたという。12月現在、利用者は16万人。このうち、外国人利用者だけで14万7000人余りに上る。

利用者の国籍を分析した結果▽フィリピン30%▽インド20%▽米国10%▽インドネシア10%▽韓国8%▽ドイツ5%――の順だった。

ハイローカルのユン・ジョンホ代表は「世界中の多くの利用者が外国語を流暢に話したくて練習を必要とし、一方で母国語を共有して助けながら満足感と達成感を得る。これを具現したのがハイローカルサービスだ」と説明した。

©MONEY TODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular