2024 年 7月 14日 (日)
ホーム経済IT/メタバース「韓国版ディズニー」目標…ゲームとエンタメのビッグバン

「韓国版ディズニー」目標…ゲームとエンタメのビッグバン

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のワンシーン(出典=ウォルト・ディズニー・カンパニー)(c)NEWSIS

韓国コンテンツ産業界が、グローバル知的財産権(IP)を確立しようと取り組んでいる。効果的なIPができれば、K-POPグループ「BTS(防弾少年団)」を越えるほどの付加価値創出も可能になるとみている。人気IPはゲームやアニメーション、ウェブトゥーン、映画、ドラマ、グッズなどにも拡張可能だ。

IP拡張の模範といえば、世界のコンテンツ業界を主導する「ディズニー」だ。韓国のオンラインゲーム会社「ネクソン(NEXON)」の創業者だった故キム・ジョンジュ(金正宙)氏は「ディズニーの100分の1だけでもついて行きたい」と生前、よく語っていたという。

最近はネクソンだけでなく、多様な会社が同様の試みをしており、ゲームIPをベースにした映画・ドラマ・アニメーションなどを製作し、新しい収益モデルにする方針だ。

ネクソンやNCソフト、ネットマーブル、スマイルゲート、クラフトン、Com2uSなど、各社がエンターテインメント事業に領域を拡大。エンターテインメント会社「HYBE(ハイブ)」は、BTSのIPを活用したゲームを発売するなど、新たな可能性を探っている。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular