2024 年 2月 29日 (木)
ホーム政治北朝鮮「韓国の核武装」に国民55%賛成…過去最高

「韓国の核武装」に国民55%賛成…過去最高

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記(労働新聞キャプチャー)©NEWSIS

ソウル大統一平和研究院が22日公開した「2022統一意識調査」によると、韓国の核武装に関して賛成するとした意見は、昨年より10ポイント上がり、55.5%を記録した。関連調査を始めて以来、最高水準だった。

一方、「北朝鮮の核放棄が不可能だ」と答えた割合は92.5%で、2007年に関連調査を始めて以来最も高かった。「北朝鮮の武力挑発の可能性がある」とする回答も、昨年の56.3%から60.9%に上昇した。

南北統一が「非常に必要だ」と「若干必要だ」など「必要だ」という回答は46.0%にとどまった。これは2007年の初調査以来、2021年(44.6%)に続き2番目に低かった。「統一が不可能だ」という回答は31.6%で歴代最高値だった。

統一の可能性に否定的な反応は年齢層が低いほど強かった。20代では、統一が「必要だ」と答えた割合が27.8%にとどまる一方、「あまり必要でない」または「全く必要ではない」との否定的な回答が39.6%に達した。

統一に否定的な理由としては34.1%が「経済的負担」を挙げ、「南北間政治体制の違い」(21.5%)、「統一後に生じる社会的問題」(20.3%)が続いた。韓国政府の対北朝鮮政策に「満足している」という回答は45.5%だった。

「どの国を最も身近に感じるか」という質問には、80.6%が米国を挙げた。続いて、北朝鮮9.7%、日本5.1%、中国3.9%、ロシア0.5%の順だった。「どの国が朝鮮半島の平和に最も脅威的な国か」という質問には、44%が中国と回答し、北朝鮮(36.9%)、ロシア(8.5%)、日本(7.3%)――が続いた。

海外機関による調査では、核武装に賛成する声はさらに強いとの見方もある。米シカゴ国際問題協議会(CCGA)による今年2月の調査では、韓国人の71%が、韓国独自の核武装に賛成と答え、「国民の力」支持層では81%、民主党支持層では66%を占めた。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular