2024 年 2月 29日 (木)
ホームエンターテインメント「釜山なのになぜカンナムスタイル?」…スターを前面に出した韓国・万博“落選”プレゼン映像が袋叩き

「釜山なのになぜカンナムスタイル?」…スターを前面に出した韓国・万博“落選”プレゼン映像が袋叩き

上が韓国PT映像、下はサウジ(SBSのキャプチャー)(c)news1

「韓国に票が入ったのが不思議なくらいだ」「芸能人と釜山は何の関係があるの?」

釜山(プサン)への万博誘致が失敗したことを受け、韓国誘致委員会の最終プレゼンテーション(PT)がオンラインで激しい批判を浴びている。一部では大混乱した「セマングムジャンボリー大会」に言及し、「万博開催で恥をかくよりは脱落してよかった」という酷評も出ている。

フランス・パリで11月28日(現地時間)、万博開催地選定の1回目の投票があった。これに先立ち、各国は最終PTを繰り広げ、韓国はこの日の一番手となった。

ネットユーザーの激しい批判を浴びたのは33秒の最終PT映像だった。映像は数字「1」とともに歌手PSYの「江南(カンナム)スタイル」がBGMとして流れた。指揮者チョン・ミョンフン、ソプラノチョ・スミ、歌手キム・ジュンスらが次々登場し「ユアチョイス」「オンリーワンチョイス」「釜山」と叫び、最後は俳優イ・ジョンジェが「オンリーワンチョイス釜山」と呼びかけた後、花火の場面で映像が終わった。

SBSのキャプチャー(c)news1

一方、計165票中119票を獲得したサウジアラビアのリヤドは「変化の時代:地球を先見の明のある明日に導く」というテーマで老若男女が登場、多様性・多文化・生態などの要素を浮き彫りにした。

ネットユーザーたちは釜山とリヤドのPT映像を比較しながら「恥ずかしい」と口をそろえた。PT映像の中の釜山の特色や韓国を見せる要素がはっきりしなかったり、K-POPスターだけを前面に出したりした点を強く非難した。特にPSYの「江南スタイル」をPTのBGMとして使用したことについて「釜山なのに江南スタイルなんて話にならない」と困惑した。

他にも「エキスポに芸能人を見に来るのか。釜山には広報するものが全然ないようだ」「大学生のグループ課題レベルにも達していない」「本当に国の恥」などの意見が出た。あるネットユーザーは「サウジの最終PTを見れば私でもサウジを選ぶ」と皮肉った。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular